ファンド情報

モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2016 最優秀ファンド賞受賞

2017年01月30日

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が設定・運用する「シュローダー・インカムアセット・アロケーション (毎月決算型)Aコース (為替ヘッジなし)愛称:グランツール」は、モーニングスター株式会社(以下「モーニングスター社」)の「モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2016」バランス(安定成長)型部門において、最優秀ファンド賞を受賞しました。なお、当ファンドは2014年の優秀ファンド賞に続く2度目の受賞となります。

同賞は国内の追加型株式投資信託を対象とし、モーニングスター社が独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年の運用成績などが総合的に最も優秀であると判断したファンドを選考し、表彰するものです。弊社の当ファンドは今回対象となったモーニングスター社が分類するバランス型合計786本のうち、安定成長型に属する253本の中から選出されました。(2016年12月末時点)

モーニングスター社による、弊社ファンドの選定ポイント

● 2016年のリターン、シャープレシオともに上位20%以内
● ファンドコンセプトである目標利回り5%(年率)を概ね達成
● バランス型ファンドのエキスパートが運用、シュローダー・グループは欧州で高評価

「シュローダー・インカムアセット・アロケーション」の特徴

長引く低金利環境などを背景に、近年、世界的に投資家の利回り志向が強まっています。また、リーマン・ショック以降、金融市場へ影響を与えるマクロ経済要因などが増える中、分散投資だけではリスクヘッジに不十分という考えが広がりました。その結果、市場環境に合わせて資産配分を調整する機能を備えた「アセットアロケーション型」ファンドのニーズが急速に高まっています。

こうした利回りと資産配分の柔軟な変更を求める日本の投資家のために、弊社は他社に先立ち「シュローダー・インカムアセット・アロケーション」を2013年に設定しました。当ファンドは安定的な利息・配当金収入などのインカム収益をトータルリターンの源泉としています。インカムの持続成長を重視し、徹底した分散投資と市場環境に合わせた柔軟な資産配分変更で、設定来総じて約5%程度*の先進国リートに匹敵する魅力的な利回りを維持しつつ、世界国債よりも低いリスク水準を実現しています。(2016年12月末時点)

長期分散投資の重要性がうたわれる中、弊社は運用成果の向上と販売支援サービスの拡充に一層尽力し、運用の強みを活かした「シュローダー・インカムアセット・アロケーション」をはじめとするアセットアロケーション型ファンドを中心に、日本の「貯蓄から投資」の促進に貢献していきたいと考えています。

*投資対象ファンド「シュローダー・インターナショナル・セレクション・ファンド グローバル・マルチ・アセット・インカム クラスJ投資証券」のマスターファンドの利回りです。ポートフォリオ全体の利回りは、組入資産の利回りを加重平均したものです。


ファンドの詳細はこちら

 

「モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2016」の詳細はこちら ▶▶

 

Morningstar Award “Fund of the Year 2016”およびMorningstar Award “Fund of the Year 2014”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、それぞれ2014年、2016年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。フレキシブル・アロケーション型 部門は2014年12月末時点において当該部門に属するファンド98本から、バランス(安定成長)型 部門は2016年12月末時点において当該部門に属するファンド253本の中から選考されました。

第三者機関による評価は過去の一定の期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。