追加型投信/内外/その他資産

シュローダー・グローバル好利回りCBファンド2016-04(限定追加型)為替ヘッジあり

日本経済新聞掲載名: グCB1604有

基準日 2017/06/22

基準価額

10,778円

前日比

0円

分配金情報

0円2017/04/25

ファンドの特色

  1. 世界(日本を含む)の転換社債(以下「CB」ということがあります。)を実質的な主要投資対象とし、相対的に利回りが高いと判断されるCBに投資します。
    ●実際の運用にあたっては、マザーファンド受益証券を通じて投資を行います。
    ●原則としてファンドの信託期間(約4年)内に償還日を迎えるCBに投資します。
    ※プットオプション付CBにおいては、オプションの権利行使日を当該CBの償還日とみなす場合があります。
    ●銘柄選択にあたっては、投資対象地域の分散を図りながら、発行体の信用リスク、価格水準、残存期間等を勘案して行います。
    ●CBは当該CBの償還日まで保有することを基本とします。ただし、運用者の判断により償還日前に売却することがあります。
    ●CBの償還金等については、信託期間内に償還日を迎えるCBに再投資することを目指します。ただし、市場、発行動向等によって、残存期間の短い他の債券や短期金融商品へ投資を行う場合があります。

  2. 信託期間約4年の限定追加型の投資信託です。
    ●ファンドは平成32年4月24日を償還日とする信託期間約4年の投資信託です。
    ●ファンドの購入の申込みは、平成28年5月13日までの間に限定して受け付けます。

  3. 為替ヘッジについては、「為替ヘッジあり」、「為替ヘッジなし」を選択できます。
    ●「為替ヘッジあり」は、実質外貨建資産について、原則として為替ヘッジにより円との間の為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。また、通貨によっては米ドルを用いた代替ヘッジを行うことがあります。
    ※為替ヘッジにより為替変動リスクを完全に排除できるものではありません。
    ●「為替ヘッジなし」は、実質外貨建資産について、為替ヘッジを行いません。
    ※「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の間でスイッチングはできません。

  4. マザーファンドの運用にあたっては、シュローダー・インベストメント・マネージメント(スイス)AGにCB等*の運用に関する権限を委託します。
    創業以来2 0 0 年以上の歴史と実績を誇る、英国屈指の独立系資産運用グループ、シュローダーの経験豊富な運用プロフェッショナルが運用を行います。
    *CB等は、CBに加えて残存期間の短い他の債券や短期金融商品を含みます。

C B とは
◆C B(Convertible Bond:転換社債および転換社債型新株予約権付社債)とは、あらかじめ定められた一定の条件で株式等に転換することができる社債です。一般的には「転換社債」または英語の「Convertible Bond 」の頭文字をとって「C B 」と呼ばれています。
◆C B は一般に、株式と債券の両方の性質を併せ持っています。
※C B の中には、通常の償還日とは別に、C B 保有者がC B の満期前に償還を請求できる権利(プットオプション)が付与されている場合があります。

※資金動向、市場動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

 

ファンドの運用プロセスはこちらをご覧ください。