2017年市場展望

関連レポート

臨時レポート

2017年1月12日

日本株式 2017年市場見通し

日本企業の業績見通しは堅調であり、日本株式市場のバリュエーションもやや割安と言えます。また、米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利した後の米国長期金利の上昇にともなう米ドル高の進行が今後も継続した場合、企業業績の追い風になります。ただし、米トランプ政権発足直後は予測のつかないイベントリスクが発生する可能性があり、不透明要因と言えます。

臨時レポート

2016年12月28日

臨時レポート

2016年12月28日

2016

12月

2016年12月28日

臨時レポート

欧州株式 2017年市場見通し

2017年の欧州株式市場は、ボラティリティ(価格変動性)が高まると予想される一方で、企業収益が改善することで、魅力的な投資機会が生じると考えています。

2016年12月28日

臨時レポート

グローバル株式 2017年市場見通し

2017年の株式市場は、株価変動性が大きくなると予想される中、景気回復が持続し、グローバル株式の銘柄選択重視の投資家にとって、多くの魅力的な投資機会があると考えています。

2016年12月28日

臨時レポート

グローバル債券 2017年市場見通し

2017年の債券市場は、再びボラティリティ(価格変動性)の上下動が激しい環境になると予想しており、超過収益獲得には機動的な投資戦略が不可欠であると考えます。

2016年12月28日

臨時レポート

エマージング株式 2017年市場見通し

エマージング諸国の経済見通しはポジティブであるものの、世界的な政治情勢の不安定化は、株式市場の変動性が高まるリスク要因とみています。

2016年12月28日

臨時レポート

エマージング債券 2017年市場見通し

米国が利上げサイクルに入り、2017年のエマージング債券市場は警戒感の強い環境となることが予想されます。投資にあたっては、現地通貨建てエマージング国債に対する選別投資が、魅力的な投資機会を提供すると予想します。一方、ポートフォリオでは、柔軟性、選別性、そして相場下落時における資産保全が、極めて重要な役割を担うと考えます。